記事一覧

結婚するために必要なのは

新郎新婦

意識の改革がポイント

結婚相手の見つけ方は人それぞれです。高校や大学で出会った人とそのまま結婚する人もいますし、職場を通じて出会った人と結婚するというのもよくあるパターンです。近年は婚活を通じて結婚相手を見つけるという見つけ方が増えてきています。特に年齢があがってくると、婚活を通じた見つけ方が主流になってきます。ですが、婚活を本格的に始めると、思いのほか結婚相手としてふさわしい人がいないと感じる人が多いです。もちろん結婚相手を見つけて結婚に至る人もいるのですが、なかなかうまくいかない期間が長くなる人もかなりいます。結婚相手を見つける人と見つけられない人の違いとは、見つけ方や場所、運の差ではなく、意識の持ち方に大きな差があります。結婚に至る人は、相手に高い理想を求めず、二人で家庭を築いていこうという意志があります。そのため、出会うときの条件が低くなり、選択肢が増えるのです。そして、このような考え方を持っている人は結婚後も歩み寄りの努力を怠らないためよい結婚生活が送れます。一方、結婚に至らずなかなか出会いがないと嘆く人は、相手に幸せにしてもらいたいという意識が強いのです。そのため、相手に多くの条件を求めます。そのような考えでいるとそもそも条件に合う相手がいませんし、いたとしても減点方式で採点しがちなのでいいと思えないのです。なかなか見つからないと感じる人はまず自分の意識を改革すべきでしょう。結婚は二人でするものという意識を持ち、謙虚な気持ちで活動するようにすべきです。